ー 写真家 冨塚晴夫 冨塚裕子 ー

山中湖写真ワークショップ

〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野508-389  / PHONE : 0555-62-1701

 

2018年5月17日

山中湖村平野YMCA前

梅雨入り間近山中湖

2018年 6月

 ここ一、二週間梅雨の走りか天気のハッキリしない毎日が続いています。今年の前半は温暖化が進み桜や花々も二週間ほど早く咲き、又、富士山の白い頂も例年になく早く雪解けが進んでいます。先月17日は久し振りに素晴らしい夕焼けが見られました。その後も雲が多いながらも山頂は見え、目が離せない日が続いています。

山中湖の6月は梅雨の合間に日の出のあか富士、日没後は空が赤く染まる事がたまにあります。朝はまだ雪渓が残る中、太陽はすでに富士山に近いため赤く染まる事があります。夕景は富士山の右側の空が赤く染まり左側は黒くベタになる事が多くなりますが、御殿場、箱根方面から撮影すると太陽が山頂近くに沈むために富士山を中心に夕焼けの写真が期待出来そうです。

富士北麓一帯はこの時期、昼間でも霧が発生する事が多く樹々の緑とで幻想的な写真が撮れる時期で、青木ヶ原樹海の東海自然歩道、富岳風穴周辺も緑いっぱいの撮影ができます。                

先月23日からは忍野村で2018年度 岡田紅陽写真美術館 企画展 冨塚晴夫写真展「富士きよらなる」がはじまっています。30年余り撮り続けた富士山、合わせて最近の写真も含め、水に関わる40点の作品です。7月12日まで開催していますのでぜひお越しください。

高度千メートルの山中湖より  
山中湖写真ワークショップ・ギャラリー 
冨 塚 晴 夫    

お知らせ

日時 内容

5月23日(水) 〜 7月12日(木)

忍野村岡田紅陽写真美術館企画展示ホールで冨塚晴夫写真展「富士 きよらなる 」を開催する事がきまりました。
詳細は[イベント]をご覧ください。
2017. 7/6

ラッピングバスについて

 7/1から高速バス(新宿⇄山中湖)に私の「白鳥と富士山」の写真のラッピングバスが運行いたしましたので、機会がありましたらご覧ください。

2017. 7/6
朝日カメラ8月号の「法律とマナー」のページで私の記事と写真が掲載されます。
ぜひご覧くださいませ。

 


のサイトの作品および文章の著作権は山中湖写真ワークショップに帰属します。無断での転用・転載は固くお断り致します。